フロリストマイスター・ヨーロッパ日記

BLOG

アドベントクランツとアドベントリースの違いは?

クリスマスフラワー・2014☆  & ラグジュアリーフラワー・クリスマス☆

とってもとっても久しぶりの更新です(^^ゞ

このブログを更新しながら、デジタルの世界のスピードと時代の流れの速さを物語っているな~と実感しています。

このブログにUPしているヨーロッパの写真達ですが「131万画素」だったころの「デジタルカメラの初期モデル」

USBのない時代のデジタルカメラから見た景色です。

カメラ史的に貴重な写真かも(笑)

瞬間美の花の世界で仕事を始めた時からカメラは相棒みたいな存在でコンパクトデジカメも一眼デジタルカメラも、まだ一般的ではない時代

どちらもほぼ初期モデルの段階からデジタルカメラを使ってきました。

この写真を撮っていた頃はこの写真たちはマイスタリンの宝物でした。

このブログをUP していた数年前でも、自分でそこへ行って実物を見た人にしか撮れない見れない写真知ることのできない知識・情報でした。

そしてあっという間に、他国のクオリティーの高い写真や情報があふれていて、誰でも簡単に見れるようになっている2014年現在

また数年後、どんな世界になっているのかな~っと思いつつ更新。

さてさて、本題に入りましょう(*^。^*)

「アドベント」という単語が日本でもかなり普通になってきたものの

「アドベントクランツ」と「アドベントリース」の違いは???

と思っている、フロリストの方結構いるんじゃないかと思います。

2014年12月現在・調べてみても今のところ見当たらないですよね?

アドベントクランツ→「Adventskränze」は

「Meisterin」マイスタリンと同じくドイツ語です。

ドイツの歴史・概念の中から発生している「ドイツ語の単語」です。

なので英語で調べてみても訳せません。ドイツ語なので。

アドベントリース→「Advent Wreaths」は英語です。

そして、アドベント→「Advent」はラテン語です。

「クランツ」は花冠・花輪・輪の形をしたもの「リース」のことです。

ドイツ語「Adventskränze」= 英語「Advent Wreaths」

キリスト教の宗派?や国によってアドベントのルールは異なるので

厳密には同じものではないと思いますが「内容」ではなく「言語」の違いです。

歴史的な説明をすると宗教はややこしいので割愛ということで(^^)

著作権があるので他人様の写真を勝手にブログに掲載はできないので

アドベントクランツ&アドベントリースの写真は

ラグジュアリーフラワーのPINTEREST クリスマスにピンしています。

http://jp.pinterest.com/luxuryflower/christmas/

日本人から見たアドベントクランツとアドベントリースの違いは、ドイツ語と英語の違い、訳す言語の違いでしょうね。。。。ということ☆


【プロポーズフラワー】花束・花プレゼント

【ラグジュアリーフラワー】アーティストフラワーショップ

関連記事

  1. クリスマスフラワー・ドイツアレンジ 12

  2. クリスマスフラワー・ドイツアレンジ 17

  3. クリスマスフラワー・ドイツアレンジ 5

  4. クリスマスフラワー・ドイツアレンジ 11

  5. クリスマスフラワー・ドイツアレンジ 9

  6. クリスマスフラワー・ドイツアレンジ 23

月別アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP