フロリストマイスター・ヨーロッパ日記

BLOG

ノートルダム大聖堂と月

夕暮れとともにノートルダム大聖堂へ
ノートルダム大聖堂に視線をむけると、何かに見られている様な気が・・・

周りの木がじゃまして見えなかったのですが、近くまで来ると
月がじーっと私を見つめている。(←かなり自意識過剰)

それにしても本当に手に届きそうな大きさ?近さ?の月
月の動きに気をとられ、どのくらいいたのかも覚えていませんがとにかく
本当に神秘的なお月さまでした。

さて後日談ですが・・・
私がノートルダム大聖堂に行くと季節をとわず必ず真ん丸な月が同じように光っています。ここには何か縁がある!と勝手に思い込んでいる自意識過剰な私です。。。

関連記事

  1. エッフェル塔にむかう

  2. 巴里の夜

  3. 夏時間と冬時間

  4. ベルサイユ庭園探検中

  5. nach Paris

  6. モンマルトルの丘から

月別アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP