フロリストマイスター・ヨーロッパ日記

BLOG

nach Paris

マイスターはドイツの国家制度なのでマイスターになるには、ドイツに行くしかなかった・・・
でも実は憧れの国は→フランスとイタリアとスペイン
ということで、学校がお休みの間にパリにとんじゃいます!
幼少期、『ベルサイユの薔薇』『ラセーヌの星』のとりこになり。
学生時代は『三銃士』にはじまり、時代もの?物語を手当たりしだいに読みまくり。
マリーアントワネットとか、ルイ14世とか、ナポレオンとかにはまっていたおかげで、その時代の世界史のテストはトップだった気がする・・今ではもう遠すぎる記憶(^^ゞ
日本で面白く物語化されるヨーロッパ史の舞台って、なぜかいつもフランスばかりだと思うのは、私のえこひいき?
とにかくそんなこんなで、子供の頃からの私のファンタジーの世界にについに来ちゃいました♪ 

ベルサイユ宮殿入口へと続く道。あいにくのお天気・・・
過去にここで誰がどんなドラマをくりひろげていたのかと
想像するだけで宮殿につくまえからもうワクワクです。

ベルサイユ宮殿に到着です。

関連記事

  1. エトワール凱旋門

  2. ベルサイユ宮殿をでる

  3. サクレ・クール寺院

  4. 花の都・巴里

  5. オテル・デ・ザンヴァリッド

  6. エッフェル塔をながめる

月別アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP